当社では煙突内のアスベスト撤去・ダイオキシン除去作業ををロボットにより作業するシステムを開発致しました。
ロボットにより遠隔操作 なので、安全・迅速かつコスト削除に貢献します。

【概要】
本装置は煙突内部に堆積したアスベストやダイオキシンを除去することを目的とする。
装置アーム先端のブラシを回転させ遠心力により円筒内壁に押し付け、アスベストとダイオキシンを除去する。
装置本体が煙突内部を上昇/下降および旋回し、煙突内壁面 の除去・清掃を行う。

<清掃前>

<清掃後>

【特徴】
1.ロボットによる作業なので危険性がありません。
2.煙突内をモニターカメラにより状況把握をしながらの作業なので、均一性がとれた仕上がりになります。
3.煙突内径が250φ〜5000φに対応できます。
4.工期が短縮できます。
5.省人化が図れます。
6.労働環境の改善になります。

1) 始業前ミーティング

2)下部作業室 負圧養生中
3)負圧機設置

4) 煙突頂部キャッピング
5) 煙突頂部 作業室作成

6) モニターにて内部確認

清掃ロボットを煙突内に入れて、モニターカメラにて内部確認後清掃作業を行う
7) モニターにて内部確認作業

8) 清掃ロボット操作
煙突内を清掃ロボットでモニター画面を見ながら清掃する
9) 煙突内部【アスベスト剥離前】

煙突内部をモニターカメラにより確認
10) 煙突内部【アスベスト湿潤剥離作業中】
11) 煙突内部【剥離、飛散防止薬品散布後】

12) アスベスト集積袋詰め

専用の袋に詰め、許可車両へ積み込み、許可処理場へ
13) 検証:煙突解体時

煙突内部に付着していたアスベストはきれいに除去されている
14) 検証:煙突解体時

写真の拡大でアスベストは100%除去されていることがわかる

 

 

Copyrights (C)2004 SINKOH CORPORATION All right reserved